領収書と追体験

お客様の帳簿は、極力領収書からお預かりするようにしています。

理由は色々ありますが、何よりもレシートを一枚々々見ることで、お客様の日々の活動を追体験することができるからです(例えば、ここの会社はやたらコピー用紙を買い込むなぁ、といった具合です)。

 

仕入から売上までの商品流れを人間に例えて「動脈」とすると、売上から代金回収までの現金の流れが「静脈」に例えられると思います。

レシートを一枚々々見ることで、静脈の流れからその会社全体を、なんとなく想像できるような気がするのです。そしてこれを数年間続けると、お客様からのご相談をより的確に対応できるような気がするのです。