税理士試験の思い出3

税理士試験の受験生時代、GWは受験教材の一般的なカリキュラムが終わり、今後始まる試験委員対策や改正税制対策までの狭間の季節だったように記憶しています。

法律資格のため、受験する税目ごとに、数十ページから百数十ページの法令を丸暗記します。本試験では、覚えた法令の〇ページ目の〇行と▲ページ目の◆行を組み合わせて、、、と、瞬間的に理論構成していくため、反復練習とひらめきが大切であり、厄介でもあります。

ある年のこと、本試験3日前になにげなく見た受験教材の模擬問題と全く同じ問題が本試験に出題。問題を見た瞬間に雷に打たれたような衝撃を覚え、その年に税理士試験に合格しました。

人生、いいこともあります。現受験生の皆様にも福音がもたらされることを願っています。