決算月

夏本番です。昔から暑さは苦にならない方ですが、油断してエアコンを入れないと熱中症の初期症状のようなものが現れてきます。

 

さて、お客様とは決算月(法人の経理処理を区切る期間を事業年度といい、その事業年度の最終月をいいます)に必ず面談を行うようにしています。

 

 

この面談で、社長へ現時点の売上高や利益などの業績を報告し、社長が頭の中にイメージしている今期の業績とのすり合わせを行います。

(ちなみに、とある佐賀の社長さんは1年間の預金残高の増減で儲かったかそうでないかを判断していますが、シンプルで意外と鋭かったりします)

 

その上で、1年間の利益と大体の税額の予想を説明し、決算日まで残り1か月弱で節税対策を行うのか、行うとしたらどのような方法をとるのか、といった打合せも行います。

決算月を過ぎると節税策がかなり限定されるため、税理士にとっては大事な作業といえます。