クラウド会計

朝晩、すっかり秋めいてきました。

コロナ禍でお客様宅を訪問しづらい今日このごろ。こんなご時世にクラウド型会計ソフトはよく似合います。

 

クラウド型のメリットは、常時お客様と会計データを共有できる点。やろうと思えば対面での打合せを省略することができます。

一方で、会計入力をブラウザ上で行うため、インストール型会計ソフトよりも動作が遅いというデメリットがあります。

 

クラウド会計ソフトは会計freeeを使っていますが、最近はソリマチ㈱のMA1も使用しています。

MA1は、インストール型とクラウド型のハイブリッドのような機能を持ちます。入力が速く、会計ソフトを使いこなしてきた方には、きっと利用しやすいと思って頂けるでしょう。

 

運用コストも割と安価。当事務所のように佐賀で地味に活動している税理士の家計は大助かりですが、何よりお客様への選択肢が増えた点でも助かっています。