なぜ佐賀専門なんですか?


なぜ佐賀専門?

✔ 担当者が全然来てくれない。

✔ 相談にのってもらえなかった。

✔ 相談したいことが遠いのでなかなか訪問できない。

✔ 担当者がころころ変わる。

 

上記は当事務所にご相談いただいたお客様の声です。

私たちにとってもご不満の声は決して他人事ではありません。


クラウド会計の流通で、税理士も地域にこだわらず全国のお客様を対象とする時代が来ました。

チャット・クラウドツール・電話のやりとりで、直接面談することなく会計業務を行うことができます。

 

が、個人的感想として、佐賀のお客様はいつでも相談に行ける関係を税理士に求めているのかな、と思っています。

実際、他県(車で30~50分程度の距離)から当事務所へ移られたお客様も複数いらっしゃいます。

 

私自身も根が田舎者なので、佐賀弁を多用しますし、何よりもお客様の反応をダイレクトに感じることができるため、お客様との面談を大切に感じています。

 

近くていつでもお客様の不安を取り除けるよう、地元佐賀を専門とすることとしました。

堤税理士事務所のモットー

定期的(毎月~3か月毎)な面談を行いますので、待つ必要はありません
所長自身が直接お客様と応対するので、気兼ねなく相談できます。

近くていつでも相談に行けるので、あなたの気持ちがラクになります



なぜ小さな会社専門?

私自身の事務所が小さな会社だからです。

今後も自身の管理の行き届く範囲の規模にとどめようと思っています。

 

業界の特性上、規模の大きなお客様はベテラン(あるいは所長)が担当、小さな会社は若手(入社したてのケースもあります)が担当となってしまいがちです。

 

何よりも経営者であるあなたとダイレクトに話ができる関係がよいと考えていますので、小さな会社を専門としています。

小さな会社専門のメリット

 会社の規模にかかわらず提供するサービスは同じです気兼ねする必要はありません

 こちらも小さな事務所なので、肩ひじはる必要はありませんよ


なぜ小さな税理士事務所?

お客様の立場を考えると、所長自身が直接対応したほうが良いと思うからです。

 

事務所の規模が大きくなると、基本的に担当者(つまりサラリーマン)がお客様と応対することとなります。私自身のサラリーマン経験から申し上げると、やはり、経営者とサラリーマンとでは、話がかみ合わないケースも出てくることでしょう。

 


また、担当者が交替した場合、お客様と一から関係を築き直さなければなりません。「前の担当者は良かったんだけど、仕方ないよね…」という言葉を聞くと申し訳なく思います。

 

 

また、小さな税理士事務所は潰れないのですか?と思われるかもしれません。

 

税理士はモノを仕入れて売る商売ではありません。経費の大半は人件費です。

大手の税理士事務所ともなると、優秀な人材を確保するために高い人件費を用意する必要がありますが、小さな税理士事務所にはその必要がありません。

経費がかからない分、顧問料を大手よりも安く設定できるという強みがあります。

 

従って、お客様のご支持さえいただければ、小さくとも十分生き残ることが出来る業界なのです。

小さな税理士事務所のメリット

 所長が直接対応するので安心
 会社を知っている担当者がいつまでも変わらないので心強い