2020/10/06
朝晩、すっかり秋めいてきました。 コロナ禍でお客様宅を訪問しづらい今日このごろ。こんなご時世にクラウド型会計ソフトはよく似合います。 クラウド型のメリットは、常時お客様と会計データを共有できる点。やろうと思えば対面での打合せを省略することができます。 一方で、会計入力をブラウザ上で行うため、インストール型会計ソフトよりも動作が遅いというデメリットがあります。 クラウド会計ソフトは会計freeeを使っていますが、最近はソリマチ㈱のMA1も使用しています。 MA1は、インストール型とクラウド型のハイブリッドのような機能を持ちます。入力が速く、会計ソフトを使いこなしてきた方には、きっと利用しやすいと思って頂けるでしょう。 運用コストも割と安価。当事務所のように佐賀で地味に活動している税理士の家計は大助かりですが、何よりお客様への選択肢が増えた点でも助かっています。
2020/09/14
近年の年末調整は、平成30年の配偶者控除の改正を手始めに、ますます複雑なものになっています。 年末調整の手続きは紙ベースでのやりとりの最たる例ですが、会社側・従業員の皆さん側の双方とも、毎年複雑になっていく記載内容に頭を悩ませていたところでしょう。 また、今般のコロナ禍で、日本のIT化の遅れが指摘されているところですが、この年末調整の手続きについて、令和2年分より電子化の取り組みがされます。 身近な例として、生命保険料の控除証明ハガキのやりとりは、電子データでのやりとりに、今後代わっていくことでしょう。とはいえ、生命保険会社や損害保険会社など、証明書を発行する側の電子化対応が今のところよく分かりません。 今年分の完全対応は難しいとしても、これも時代の流れととらえ、段階的に進めていきたいと思います。
2020/08/04
梅雨明け。夜遅くまでセミの声が聞こえてきます。 巷の方々に景況を聞くと、売上が以前の頃に戻った方、まだまだ回復しない方、これからが底だろうと予想される方、まさに悲喜こもごもです。 7月中旬に家賃支援給付金の給付申請のための経済産業省の特設サイトが開設されました。 家賃支援給付金とは、今年の5月以降、新型コロナウイルス感染症の影響で1か月の売上が前年同月と比較して50%以上減っている中小企業・個人事業主を対象に、店舗や事務所家賃の一部を6か月分給付するものです。 添付書類として賃貸契約書や直近3か月の家賃の振込明細が必要なため、税理士側が用意する資料だけでは申請は完結しません。また、申請サイトの入力箇所はやや複雑で、持続化給付金よりも入力の難易度が高いな、というのが率直な感想。お客様との二人三脚が必要です。 引き続き、佐賀の小さな会社をサポートしていきます。
2020/07/06
佐賀の街中でマスクを着用されていない方をチラホラ見かけるようになりましたが、大都市では感染症が勢いを取り戻しつつあります。 さて、5月1日に受付が開始された持続化給付金。 当事務所でも、既に4割弱の佐賀のお客様が給付金を受け取られました。今後もイベントの自粛などで減収が見込まれる等、受給予定のお客様は増えていくものと思います。 この給付金は、簡単に言うと、売上高が前年に対し50%以下となった方が対象者となります。税理士に記帳代行を依頼されている場合は、お客様自身で50%以下かどうかを把握するのが難しいケースもあるでしょう。また、添付が必要な書類の大半は顧問税理士が用意できるものです。 普段、税理士に顧問を依頼するケースは、消極的な理由(税務署へ申告書の提出が必要なため仕方なく…)がほとんどでしょう。こういう時こそ、と思い積極的にサポートをしています。
2020/06/05
30度を超える日が出始めてきました。マスク越しにムシムシとした熱気が伝わり、呼吸が荒くなります。 税理士試験は、北海道から沖縄まで全国の主要都市で行われ、願書提出時に希望する受験地を「東京都」「福岡県」などと大まかに選ぶことができます。 試験当日の具体的な試験会場は、郵送されてくる受験票で初めて知らされます。 私は11年間受験しましたが、受験会場は、西南学院大学、福岡大学などいずれも在福の私立大学でした。合格の年の会場は九州産業大学です。 夏休みの大学構内が試験期間中の3日間、束の間ごった返していたのを思い出します。 税理士試験の受験願書の提出を済ませた方は、例年この時期に受験票が届きますが、今年は1か月程度発送が遅れるとのことです。どうかモチベーションを絶やさず、頑張っていただきたいと思います。
2020/05/01
汗ばむ季節となってきました。このところ天候に恵まれていますが、外出自粛生活が続きます。 新型コロナウイルス感染症の影響で売上が減少した事業者に対して、最大200万円(個人事業主は最大100万円)が給付される持続化給付金。本日、給付申請のための経済産業省の特設サイトが開設されました。 当事務所でも、事前にほとんどのお客様へ給付金の制度内容を説明したところですが、対象者や計算方法の問合せなど、多くの反応を頂きました。 給付金の申請に必要な資料の中には、経営者とその顧問税理士しか知り得ないような情報も含まれています。佐賀の税理士として、しっかりとお客様をサポートしていきたいと思います。 持続化給付金は国の制度ですが、お住まいの地元自治体のHPも確認してみましょう。例えば、佐賀市にもコロナ対策として事業継続のための支援金制度があります。
2020/04/01
桜が咲き乱れています。 この時期は、佐賀の個人事業のお客様の確定申告書の提出作業を終え、コーヒーを片手に一息つく季節なのですが、今年の所得税の確定申告期限は、新型コロナウイルスの拡大防止のため、4月16日まで延長されています。 申告期限が延びたついでに、申告内容の誤りに気が付くケースもあることと思います。 申告所得税について申告期限内に誤りに気が付いた場合は、改めて申告書を作成し直し期限内に再度提出すればよく(還付申告などの例外もありますが)、最後に提出された申告書が、税務署において有効として取り扱われます。 再提出が申告期限後となる場合は、普段はあまりお目にかからない書類を作成(当初の申告より税額が増えるか減るかの違いにより修正申告書や更正の請求書の作成)する必要があります。それはそれで面倒ですので、期限内に提出することにしましょう。
2019/12/09
師走です。個人事業主の皆様にとっては決算月でもあります。 この月は、個人事業のほとんどのお客様と決算作業の打ち合わせをします。 決算月のお知らせ(棚卸し、確定申告資料の収集、扶養親族の確認など)をすると、大半の方が、もうそんな季節ですか。一年の経つのが早いですね、とおっしゃいます。 とある佐賀県内のお客様と似たようなやりとりをしている際に気が付いたのですが、子供の頃は、今よりももっと退屈な時間があったように思います。 例えば、お目当てのTV番組が10分後に始まるとき、当時は見たくもないCMを見てただ待っていました。今ならそのスキマ時間に用事(洗濯物の取り込みやスマホいじり)を詰め込みます。 一年の経つのが早いのは、いろいろと荷物を抱えて生きているからかもしれません。日々健康に生きている証かもしれませんね。
2019/11/05
皆様のお手元に、税務署よりでっかい封筒が届き始める季節。 封筒の中には、年末調整の資料が入っています。 去年は年末調整に関する大きな改正がありました。 今年は大きな改正はありませんが、なにぶん年末前後しか行わない手続き。一年前の改正のことなど忘れがちで注意が必要です。 平成30年より、配偶者特別控除の適用に際し配偶者の年収制限が141万円から約201万円に緩和され、一方、配偶者控除の適用は合計所得金額が1,000万円以下の所得者に制限されました。 来年も大きな改正があります。こちらは、サラリーマンに限らず個人の自営業者にとっても影響があるものとなります。 佐賀の納税者の皆様に混乱が生じないよう、しっかりとサポートしていきたいと思います。
2019/10/11
10月より、地方税の電子納税システムがスタートしました。 従業員さんを抱える会社にとっては、毎月従業員さんのお給料から天引きしている住民税を、銀行に出向かずに、オフィスのパソコンから簡単に支払うことができるというメリットがあります。 この話、経営者の方にはピンと来ないかもしれませんが、事務員さんにお話すると、たいてい拍手喝采をいただきます。 当事務所では、ほとんどのお客様に国税の電子納付をご利用いただいてます。 従って、従業員さんのお給料から天引きしている所得税はパソコンからお支払い頂いているのですが、住民税はペーパーレス化が進んでおらず、今までは銀行で支払う必要があり不便でした。 当事務所でも、複数の佐賀のお客様が対象となるため、順次、利用開始の手続きを進めています。

さらに表示する